忍者ブログ
幸福も過ぎ去るが、苦しみもまた過ぎ去る。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

閉じて、開く。

流れを止めようとするのは自然に逆らうこと。
人を構成する流れは多層的で、層を成すのは具体と抽象のグラデーションである。
ある単層の流れを止めようとすると、他の層の流れにも澱みが生じる。
その澱みの重なりが生の全体に悪く影響せぬよう、配慮しなければならない。

流れのうちより抽象的な流れは、それを止めようとする時に、
(再)認識によって流れたままにすることができる。
ある弁を閉じようとする時に、同時に別の弁を開いておく。
つまり同じ一つの考え方で、弁を開くことも閉じることもできる。

閉じた分は、開く。
どこで開くかを、じっくり考える。
あるいはもう、知らない間に開かれているかもしれない。
どうすればそれに気付けるか、落ち着いて考える。

静かに、静かに。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
chee-choff
性別:
非公開
自己紹介:
たまに書きます。現在メインはこちら↑
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
本が好き!
書評を書いています。
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]