忍者ブログ
幸福も過ぎ去るが、苦しみもまた過ぎ去る。
難しい話。

寮のすぐ横に背の高い一本の木がある。
毎日それを仰ぎ見ながら通勤を始める。
幹の上の方に視線を固定して横を通る。
木を中心に全てが回転するかに見える。

目の前にいる人形の目を凝視してみる。
人形の目の視線が微妙にかち合わない。
だが見つめるうち人形の目線が変わる。
お互いが見ているものを見ている錯覚。

易しい話。

静止したものを動きながら見ると動いて見える。
動いているものを静止して見ると動いて見える。
動いているものを動きながら見るとどう見える?
大体は動いて見えてごくまれに止まって見える。

ものを見る目はわずかに動いている。
身体や目線の動きとは別に振動する。
その目がものの静止を認識している。
静止したものは本当に止まっている?

4/4の話。

野菜のCは黄色の栄養。
人間のCは灰色の形容。
視覚のCは経路の開放。
回路のCは正誤の内包。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
chee-choff
性別:
非公開
自己紹介:
たまに書きます。現在メインはこちら↑
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
本が好き!
書評を書いています。
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]