忍者ブログ
幸福も過ぎ去るが、苦しみもまた過ぎ去る。
絶句してない絶句。

 ズバズバ書けると 思ったら
 そうは問屋が 卸さない
 下ろす鋏は 空を切り
 返す刀で 人を斬る
 おろす大根 鼻に突き
 返すアスパラ 茎腐り
 筆を下ろすと 紙がある
 指を下ろすと メカがある

+*+*+*

田口ランディの日記が面白い。
今は『くねくね日記』を読んでいる。
「ふつうの主婦」に偉人変人が吸い寄せられている。
なんというバイタリティ、と驚いている。
そして紡がれる言葉に「すごく共感できる」ことが凄い。
性質として具体的な人が、抽象的な話も厭わず語る。
具体的な話と抽象的な話が、「一人のひとが語っている」ことが分かる。
それにはランディ氏が会った色々な人の話が多く混じっている。
けれどその人の話が、ランディ氏を媒介して、氏の語りになる。
「もう何言ってっかわかんねーよ」という諦めも、媒介の一つの形。
「全然共感できないけどそういう人もいる」という断絶も一つの形。
媒介というのは、物語がその人の「身体」を通り抜けることだ。
だから理解を超越する話にも共振できる部分がある。
読んでいて、気持ちが動く。
分析的な読解が全く要求されていない。
「身体寄りの言葉」の使い方がよく分かる。
そこには同時に知性も存在している。
つまりそれは「分析的でない知性」ということになる。
これと本の中で出会えるというのは、稀有なことだと思う。
本文はずっと前の話だけど(まだ二十世紀末)、思わず「頑張れ」と言いたくなる。
きっと日常の中で言葉にならない想いを、言葉にしてくれている。
それが自分の想いに沿うかどうかは、実は副次的な問題に過ぎない。
時に突拍子もないこと、不謹慎なことが書かれ、オカルトだって辞さない。
けれど「言ったことは全部私が引き受ける」という意志が行間に溢れている。
ウチダ氏のよく言う、身銭を切る、というやつだ。
そして体を張って発言して世間(マスコミ)の波に揉まれる所まで生々しく書かれる。
なんということか、と思う。

もっと読もう、と思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
chee-choff
性別:
非公開
自己紹介:
たまに書きます。現在メインはこちら↑
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
本が好き!
書評を書いています。
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]