忍者ブログ
幸福も過ぎ去るが、苦しみもまた過ぎ去る。
「思った通り」の先?

ある理想を描く。
思った通りになればいいな、と思う。
それが叶う。
頭に浮かべたことがそのまま現前している。
この眼でそれを見て、満足する。

これは何だろうか?
「思った通りになる」とはどういうことだろうか?
考えた内容が、眼で見て、手で触れて確認されて完了とする。
これでいいのだろうか?
いや、悪くはないが、これ「だけ」ではないと思った。
つまり「思った通り」の実現の形の、これは一つに過ぎない。

現実的に言えば、「これだけだ」という暗黙の了解が現実を回している。
それで回っていたし、まだ回っている。
けれど、同じようにしていつまで回り続けるかは分からない。
この「回る」は篩い分けでもある。
遠心分離器は必要な物質以外を跳ね飛ばしてしまう。
その「必要」は、ある判断に因っている。
判断ということは、意思が伴っているということだ。
意思が個人のものでないことは、意思が存在しないことを意味しない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
chee-choff
性別:
非公開
自己紹介:
たまに書きます。現在メインはこちら↑
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
本が好き!
書評を書いています。
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]