忍者ブログ
幸福も過ぎ去るが、苦しみもまた過ぎ去る。
反省が精神によくない理由の一つに思い至った。
「今回は失敗した。次はこうすればよい」という反省は次の成功につながる。
その成功がきちんと思い描けていれば心は晴れるはずだが、どうもそうでもない。
理由は、その反省が「その時にあるべく振る舞った自分を否定している」からだ。

簡単に反省するということは、その都度の自分の現場感覚を否定することになる
「なぜその時自分はそう振る舞ったか」を、その時から時間が経ってから振り返る。
振り返り「あの振る舞いは良くなかった」と判断する基準は「現場感覚」ではない。
現場感覚をトレースして、「なぜその時良かれと思ったか」を放念してはいけない。

きっと、「自分が好きだ」という時の「自分」は、
個別具体的な状況で成功を収める自分ではなく、もっと総体的なもののはずだ

失敗を成功に変えることは、失敗を否定することではないはずだ。
きっと「そうあるべくして失敗した」ことは、自分の望むべき有り様を示している

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
chee-choff
性別:
非公開
自己紹介:
たまに書きます。現在メインはこちら↑
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
本が好き!
書評を書いています。
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]