忍者ブログ
幸福も過ぎ去るが、苦しみもまた過ぎ去る。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

道中思ったことの二つ目は「目的はあった方がいい」。
無計画で(最初は)目的もなかった今回の旅がつまらなかったわけではない。
目的以前の「無計画な旅がしたい」という興味は望み通り形となった。
言いたいのは、目的の有無は生活の質に関わるということ。


日頃から考え過ぎる自分はニヒリズムに陥りがちである。
物事を客観的に眺めるという意味においてはニヒリズムは悪くない。
虚無的思考の短所は「活力が欲しい時に発揮できない」点にある。
無常観とニヒリズムは似て非なるものだと旅の終盤に気付いた。

 読書に没頭し始めてこのかた「身体性」に強くこだわっている。
 それは現代社会で希薄となっているが、人が生きる上で重要な要素だ。
 身体性の賦活を読書を通じて行うのは背理的にも思えるが、
 脳偏重の社会が取りうるスタート地点はそこにしかない。

話を戻すが、客観視を意識し過ぎると身体性がなおざりになる。
今回の旅は半分以上が「車上の人」で、一部「大自然との戯れ」があった。
車上では止めどなく思考を弄ぶ一方、自然の中では頭空っぽの探検モードだった。
その両極端に、この5日間で何度も針が振れることとなった。

 極端は程度の基準という判断材料にはなれど、そのものを選択すべきではない。
 もちろん程度の基準に用いるために一度選択してみる経験はアリだ。
 これも後付けだが、旅の中でこの両極の実践をしていたらしい。
 振れ幅の大きさに振れる時間の短さも手伝い、変化量は相当であったと想像する。

この経験がもたらしたのは「バランスが大切だ」という認識。
自然と戯れている時も、躍動していながら「日常ではない」という思いがあった。
旅の道中だから当然なのだが、そこにはどこか日常を模索する自分もいて、
その模索の着地点が「今の生活を大事にしよう」。

一般的に旅行は息抜きとしての非日常の経験に意義がある。
自分も最初からそう割り切って旅に出ていればもっと楽しめたかもしれない。
友人と一緒に、きちんと計画を立てての、楽しみが確約された旅行。
それをしなかったのは、「普通」を嫌うひねくれた自分の頭が望まなかったから。


端的に言えば、今回の旅は興味深かったがあまり楽しまなかった。
その感覚は旅に出る前の日常と地続きで、それは良くないと思った。
知的に興味深いことも大事だが、やはり日常を楽しみたいと思った。
身体性を賦活するとは、そういうことだったのだ。

これが目的の有意義性とどうつながるかと言えば、日常生活において、
「考えることの目的」をきちんと考えなければいけないということだ。
上で突然出てきたニヒリズムは「目的のない客観的思考」であって、
対して「(身体で)楽しむという目的のある客観的思考」が無常観である。

 後者の言い回しに少し違和感があるかもしれない。
 自分が想像しているのは農耕時代の人々だ。
 天候ひとつで生活が大きく左右され、思い通りにいかないのが当たり前。
 そんな時代の人々は「生きるのがむなしい」と思っていただろうか?

 ここには生活の質が格段に良くなった時代特有の病がある。
 生きるために必要な活動はよほど逼迫していない限り躍動に満ちたものになる。
 その「必要」が取り除かれたらもっと楽な生活ができるのは確かであったが、
 その余裕は「生きる意味」と四六時中向き合う面倒も生んだ。

上で大切だと言ったバランスとは、「脳(意味)と身体の調和」のこと。
脳を酷使し意味に埋もれていては、身体は躍動しない
身体性の追求だけでは他者との共生の回路が開かれない
後者は現代社会だからこそ、ではあるのだが。

本ばかり読み、身体性に過剰に拘る自分は、
意味と身体のバランスには目もくれず、その両極を同時に追求していたのだ。
そんなこと可能なのか? と書きながら自分で思ってしまうが、
もちろんそれは不可能で、実体を軽視した想像偏重の絵空事であった。

このバランスを探る基準となるのはやはり実生活だろうと思う。
読書はあくまで実生活のひとつの構成要素に過ぎない。
日常を楽しむという目的のための手段として読書があるのであって、
「手段が目的化してしまった読書」には目的がない




本記事の話はこのブログのタイトルと深い関係がある。
旅の途中で「寮(神奈川)に戻らず実家(大阪)に帰ろう」と思い、
実家に着く前に「帰りの新幹線用」に買った本にあった言葉をタイトルに拝借した。
上で「旅の終盤に気付いた」と書いたのは、この部分を読んでのこと。

これもまた過ぎ去る」。これは、僕の座右の銘のひとつで、スーフィズム(イスラム教の神秘主義哲学)の説話に出てくる言葉です。
「これもまた過ぎ去る」は、言わば「諸行無常」を肯定的なニュアンスで捉えたような言葉です。つまり、「幸福なこともまた過ぎ去るもの」である。だけど一方、「苦しみもまた同じように過ぎ去るもの」である。
 辛いことや悲しいことにも、必ず終わりがある。このことを肝に銘じておくと、それだけで僕たちはずいぶん救われるはずです。
名越康文『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』p.97-98

客観的な思考を磨かんとする自分はどこか、苦しみを恐れている。
マイナスをマイナスと感じないでもよくなるような思考を求めている。
だがそれはニヒリズムへの道なのだ。
血の通った文章を書けるようにこれから心がけていきたい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
chee-choff
性別:
非公開
自己紹介:
たまに書きます。現在メインはこちら↑
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
本が好き!
書評を書いています。
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]